海上暇潰しついでに『ふね』さん撮ってます(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近よく耳にするのが、船員さんの船員保険の掛金の額。
船員求人情報等では、手取り賃金表記で募集などはされてますが、船主さんや雇用者側の船員保険の負担額が大きい等という理由で、実際の給料の額とはかけ離れた低い金額でしか支払われていない会社も多くあるようです。
年末調整で返ってくる金額がかなり少ないとか思われてないですか?年金の掛金についても同様です。
もらえる年齢になって役所に手続きに行って初めて気づく方もいらっしゃるとか…。

今一度自分の給料明細ご確認を!

あっ、そう言えばうちの会社も明細ありません。出してもらえるように頼んだのですが、うちは昔から会計士に任せてるから総支給でいくら払ってるかもわからない!という返答を社長から言われました。こんなのって有り???
自分の給料の額もわからないで仕事してる人いますか?

って、お役所の方々でも給料の額も知らないで勤めてなんていませんよね。
いち早くも船員法などで給料明細の支給を雇用者側に義務付けてもらいたいとこです。

陸の会社からトラバーユ組な私自身ですが常識の差にかなりカルチャーショックを受けているとこです。

これを読まれて共感して頂ける船員さんはどれだけいらっしゃるのか…。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。